2009年7月13日月曜日

  蒸した曇り空。でも、森は、居心地よい木陰と吹き抜ける涼しい風で、私たちを迎えてくれました。 



  大きな大きな砂場が泥んこ広場に変身!!お兄ちゃんたちは毎日持ち歩いているという海水パンツに即着替え、思い思いに泥んこ遊びを楽しんでいました。



  今回もIさんに耕運機で最後の畝を作っていただきました。いつもありがとうございます!上がニンジンの種。小さめのつぶれたシロゴマみたいです。今の時期の湿度と温度がニンジンにとって一番早く芽が育つ時期なのだとか。ニンジンにも人間にも、「今このときがベスト!!」っていうタイミングがあるんですね~。うちの子の「今!」は何かな~。穴に5~6粒の種を入れて土をかけます。



  隣の畝ではすくすくと枝豆が。ちょっとずつ膨らみをみてせきました。 楽しみですね~。


  小腹が空いた頃、ぷーんといい香りがしてきました。Mちゃんが火の中にしのばせておいた、ホイルまきのサツマイのなんともあま~いいいにおい。子どもたちが集まってきました。私も今度おいももってこよっと。  たまねぎのホイル焼きもおいしいそうですよ。



  子どもたちがよく並んで座っている丸太の穴に、なんと銀杏が芽を出しているとJちゃんが教えてくれました。気づくと、銀杏の実がそこらじゅうにまだ落ちています。去年の秋から約半年か~と思いながら、銀杏を剥いてかじってみました。粉っぽい、特に甘くもなく辛くもなく、食べられなくもない・・・・。今のところ気分悪くなってないです。向こうに見えるのがハンモック。

  実は、今日はとっても気分が落ち込んで、森に足を運んだのですが。
森の中の子どもたち、初めてあったママさんたち、顔見知りのママさんたち、おいしいおいしい仲田鍋、そして、森の木々と風・・・すべてに助けられ、とってもとってもとってもリフレッシュして元気をもらい、帰途についたのでした。
  
  明日は初のイベント。賑やかな森になりそうです。笑顔いっぱい集まれ~!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。