2010年1月25日月曜日

1月22日

寒い中でも日差しが暖かくて良い気持ち。ここに来ると気持ちが穏やかになるんです。
家を出るまでは準備にバタバタ、子どもの態度にイライラしながら悶々としてたのに・・・。
心のゆとりが出来るからなんでしょうか。不思議です。




木に葉っぱがなくなり木漏れ日いっぱい。
自然に感謝することって普段忘れてしまってるのに「お日様ありがとー!!」って言いたくなるのもここならでは。



なんともかわいいおすわりの二人組。ほのぼの。



その横ではお母さん達が今日のお鍋の支度を手際よく進めています。お料理上手なお母さん達に脱帽。



子ども達と遊んでくれているYくんのリヤカーは大人気。と、思ったらちょうど車内トラブルにより停止中。Nさんの仲裁によりすぐに復旧しました(笑)


畑の小松菜とスナックエンドウを植えてから1カ月半、ここまで成長しました。
でもこのままではみんなで食べられるぐらい大きくならない為、間引きすることに。
この作業「命のオークション」と某テレビ番組で言っていたのを思いだします。
やってみると本当に辛い作業でした(涙)
「こんなに大きくなってるのに抜かなきゃいけないの?」

「どれも選べない・・・。」
「かわいそう・・・。」
大人3人で命を噛みしめながら作業しました。

心を痛めながら作業を終え、せっかくだから食べてみようということに。

まず小松菜(写真下段)を洗って生で食べてみると甘い!
スナックエンドウ(写真上段)も食べられそうじゃない?とAちゃん。
食べると思いのほか甘くて美味しい♪ほんのりエンドウマメの味がするんです。
Kくんがリヤカーで小松菜屋さんをして全部みんなのお腹におさまりました。
作業は辛かったけど、優しい味わいをみんなで食べれたのは良かったかも。


落ち葉のシャワーは気持ちいい?


先日講座で出会った時に鍬が壊れている話をしたら、ボランティアで来て下さいました。


手際良く作業しながら、鍬の直し方と正しい使い方をレクチャーしていただきました。
これで新しい畑の開拓もスムーズに進みそうです。
人の出会いや繋がりは財産ですね。本当にありがとうございました!


そしてお昼。森が少し静かになる時間です。今日のお鍋もサイコー♪
お母さん達に感謝感謝です。



定番ののこぎり。みんなとっても上手!




正月飾りをお焚き上げしていました。お団子準備してきてどんど焼きしてもよかったなぁ。


引き続きスズメバチの駆除作業中です。
森にいつもボランティアで来て下さっているおじさんも加わって作業をすると・・・


カブトムシとクワガタの幼虫がこんなにたくさん出てきました。
男の子達は持ち帰って家で育てるそう。夏が楽しみだね。



落ち葉のこたつはあったかーい♪



リクエストにより絵本タイムが始まりました。読んでいるのはお母さんです。
森の子どもたちは絵本が大好き。自然の中で読むからなのか集中力が違います。



よっこらしょ・・・。落ち葉のじゅうたんで倒れてもあんまり痛くないかな?

また来週の「なかだの森」を楽しみに1週間頑張ろうと思った不二子でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。