2010年4月16日金曜日

4月10日(土)

春爛漫の暖かさかと思えば、花冷えの雨。

次男が高熱を出し、無念にも、ぐりとぐらのイベントには行けなかったのですが、
数日間、室内で過ごしてきて、エネルギー満タンの母は、
翌日の土曜日には、息子二人を引き連れて、
電車で、足取り軽く、♪ルンルン♪森に向かいました。

こんな服装→の子が森あちこちで見られました。暖かかったです。

光がやさしく、肌にとけこみます。

みどりいろ こんなにも いろんな みどりいろ があるものかと、
この季節はいつも嬉しくなります。

赤ちゃんの葉っぱは、やわらかそうで・・・つい触ってみたくなり、つついてはにやけてしまいます。


土曜日はファミリーで来ている方も多く、主人仕事の我が家は、「大人は苦手だけど、子どもは得意」という、素敵なお父さんに遊んでもらったりして、大喜びです。


昨年夏、森で行われた「夏の幼稚園」の作文が受賞(是非こちらをご覧ください!http://manazashi2009.sakura.ne.jp/backnumber.html
したのを讃えに、日野市市長が森を訪問されました。森の仲間が写真におさまりました~この様子は、市報でご覧ください☆



[
「ここにカフェがあったら楽しくない??木を切らずにね、このままで、ここの机を置いて~・・・」目をキラキラさせて、Mさんが語ってくれました。大人も子どもも、石ころや落ち葉をはきだしています。話を聞いていて私もワクワクしてきました。手伝ってくれる仲間募集してま~す!


大きな大きな桜の木が、綺麗な花と若葉をつけ空に向かって伸びています。




「カレー出来ました~!!!!!」
カレーほんとに美味しかった!!大量の玉葱と、様々なスパイスがコツらしい。
でも、味付け担当をしたAさん曰く、「味みたら、なんにも味しなくて、どうしよぉ~っ!!って思ったよ~!!でも、そこらじゅうにあるものを、片っ端から入れていったら、どうにかなったよ~!」
どうにかしてしまうところが、すごいです、脱帽。

大人用と子供用のカレー、黒米入りほかほかご飯も直火炊き、手作りナン風パンも直火炊き、おまけに手作りラッシーも登場して、こんな美味しいものを、こんな贅沢にいただいていいのかしら・・・おじさんが白いタンポポを摘んできてくれました。うちの子は何杯もルーばかりおかわりさせていただきました。
ほんと幸せ~☆ご馳走様でした!



「お芋焼けたよ~!!」そんな声が響きました。あちこちから「お芋頂戴!」の声。
(何にも用意してきてないのに、よそ様の焼いたお芋を、いただくなんて・・・)「ちょっと!うちのじゃないでしょ!」「いいよいいよ、いっぱいあるし、みんなで食べるために持ってきたんだから、食べなよ~」「いいんですか?すみません。ありがとうございます」そんな声もあちこちから。なんか温かいなあ。子どもの正直な反応で、大人の会話が、出会いが始まることもしばしば。
そんなわけで、一歳児、お芋の取り合いです。



今日は町田市界隈から「とっとこ」の親子さんたちも森に遊びに来ていました。同じように自然の中で親子(最近は主に父子!)が集う団体だそうです。「子どもたちも良く遊んで、カレーもおいしいし、いい場所だし、とっても楽しかったです!」(とっとこさんのことはこちらをご覧ください。http://www.nozuta.net/sono/



その中のお父さんが持ってきていたリュックに注目が集まりました。どうやら、ワンダーフォーゲルとか、本格的に山登りをする人たちにとっては、よくある光景なんだそうですが、わりと小さめのリュックに、鍋がくくりつけられています。その他、ポップコーンの元種を入れた網、虫かご、・・・・どこでも火さえあれば、食べれる、遊べるの装備のようです。実はこんなに沢山のものを運べるのね。
お父さんも楽しんでるな~と、感心しました。


今日初めて森を訪れた親子にも会いました。毎週金曜日予定があるので、一年ぶりくらいに土曜日開催の森に遊びに来ました、という親子にも会いました。自然と会話が始まりました。皆さんとてもリラックスして、春の木漏れ日と陽だまりを楽しんでました。また森でお会いできる日を楽しみにしています。



森にトイレを!コンポストトイレ計画、進んでます!さて、森の中のどこに!?探してみてくださいね~。



                                          fairy


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。