2011年1月14日金曜日

第4回 えほんのとびら

本日 第4回えほんのとびら “仲田の森で「おひさまパン」に会おう” が開催されました
 
この、えほんのとびらというイベントは昨年の春から季節ごとに夏・秋の会と開催
森初心者の方向けに森の楽しさを伝えられるきっかけになったらとの想いから始まり
本日の冬の会が最終回となります

これまでの(ぐりとぐら)・(こぐまちゃんのどろあそび)・(おおきなおおきなおいも)の会も是非ご覧くださいね

今日は新しいお友達とどんな素敵な時間が過ごせるかな~

ワクワクドキドキ最終回の幕開けです

本日のタイムスケジュール

おぉぉ!11時半にはパンがやきあがるんだね~
楽しみだなー
 
こちらは今日の読み聞かせ絵本 「おひさまパン」

今日の日野市立図書館さんが開いてくださる森の図書館には
おひさまパン訳者の江國香織さんの本
そして作・絵のエリサ・クレヴェンさんの絵本などがたくさんならびます

お母さんや森のスタッフに「読んで読んで~!」とお願いしている姿がたくさん見られ
帰りに借りていくお友達もたくさん 大好評でした

 
 
絵本の扉受付も始まりましたよ~















今回は定員に空きがあったので、当日の飛び込み参加もOK
受け付けも大忙し
最終的に8組の親子にご参加頂きました
















森の広場に集まって読み聞かせが始まります
その前に冷たくなったおててを手遊びわらべうたであたためましょう♪

















周りを木々に囲まれて、冬の暖かい日差しの中読み聞かせが始まると
みんなお母さんの膝の上でストーリーにひきこまれ
真剣なまなざしに…
鉄琴の音色も響いてとっても素敵な光景


















読み聞かせが終わると、お話にでてくる“おひさまパン”を焼くパン屋さんが
森に出現するよ~との声にみんなで広場へ移動
どんなパン屋さんかな?おひさまパンが焼けるんだって~!
わくわくするね















これから焼くのはこのパンだよ!















絵本に出てくるおひさまパンそのもの!!!
かわい~!おおきい~!たべたーい!と歓声があがりました
まだまだ食べれないぞ!これから卵をぬりぬりしていきますよ



















ぬりぬり…ぬりぬりぬりぬり
つやっつやになったよ
















お口もかいてお手製段ボールオーブンへ投入ね


焼けるまでの間、わらべ歌で自己紹介

(全員で)「このこどこのこかっちんこ~♪」
(お母さん)「○○ (子供の名前)です!」
(全員で)「○○ちゃ~ん」
(子供)「(手を挙げながら)はーい!」

自分の名前を呼ばれるのってとっても嬉しそう




自己紹介の後は森を散策したり、ハンモックに揺られてみたり
砂場で遊んだりと各自自由に森遊びを楽しみました


そして「ぱんがやけたよーー!」のひと声で、子供も大人も一斉にオーブンの周りに
集まってきました





ほっかほかの湯気とともにふんわり&こんがり焼けたおひさまパンが登場
おいしそーう!

このあと犬のパンやさんマーク入りの紙に包んで
一切れずつわけてもらっておいしい笑顔
バターの香りが鼻をくすぐります
おいしいものはなかなか親の口にははいりませんね

そしてこの後おかわりー!の声が続出




えほんのとびら最終回はパンの香りとおいしい笑顔で
幕を閉じました

この後恒例のなかだ鍋とおにぎりを食べて、まだまだ森で遊んで帰るお友達もいました

当日の様子は日野ケーブルテレビさんでも放映されます
1月末に発行の「なかだの森通信」にも記事が掲載されますのでお楽しみに♪

えほんのとびらは最終回を迎えますが、なかだのもりで遊ぼう!は毎週金曜日と
第2土曜日みなさんのお越しをおまちしております



ちなみに明日は森でおもちつき大会!

ぺったんぺったん みんなで楽しみましょうね

また森でお会いしましょう

mimiでした







0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。