2013年1月7日月曜日

12月1日(土)あとむの時間はアンデルセン

先月、ふれあいホールであった
「あとむの時間はアンデルセン」いかがでしたか?

開演前に、みんなでピクニックランチ。


















腹ごしらえをして、いざ会場へ。
多目的ルームはまさにステージ。
いつもは格技場だなんてびっくり。
(↓開演前にコッソリおじゃまして撮影♪)



会場は「なかだの森で遊ぼう」に来ている方が多く、
息子たちも知っているお友達、知っているお母さん方ばかり。







いよいよ上演。最初の作品は
「パンをふんだ女の子」

インゲルが地獄へ落ち、お化け?妖怪?に囲まれる場面では
不気味なで怖いなと感じました。
大泣きする子どももちらほら(笑)

















子どもたちも、劇にはいりこみ真剣そのもの。
















上演中は『良い子』で観ていないとダメだと思っていたけど
大声で泣いたり笑ったりしてもいいんだ!
知っているお母さん方が多かっただけに、そんな安心感も
生まれてきました。





次は…、「アニメイムで遊ぼう!」
劇団あとむさん独自の手法「アニメイム」。
















ボール運び?




わくぐり?


















子どもたちも参加できる輪くぐりゲームでは
はい、はい、はーいと手を挙げ…、
















子どもも、
















大人も♪
おっ、くぐれた!

















お次は?
輪くぐりリレー!
















我が子の活躍に…
父たちも熱が入ります。






















クイズなど。















子どもたち、もちろん大人も参加できるとあって
盛り上がりました。









「とうさんのすることはみんなすき」

































公演後、数時間夫にやさしくなれた気がします。
夫の言動に「素敵」を連発。
(時間の経過とともに、その気持ちもリセットされましたが)

アンデルセン童話?童話でしょ。
じゃあ子ども向けなのかしら?と思っていた私ですが
この作品は、私自身の気持ちも前向きにしてくれた
作品でした。
ありがとう!あとむさん。



当日、写真を撮ろうと思ってカメラを持って行ったのですが
途中シャッターを押すのを忘れるほど、劇に入り込んでしまいました。

そうそう、当日は日野ケーブルテレビさんもいらして
デイリーひののに放映されました!

(↑クリックすると、デイリーひのの動画がご覧いただけます。)

こどもと一緒に、おとなも楽しめる芸術作品なら
また、このような機会がないかな~思ってしまうこの頃です。

今年も、よろしくお願いします。

みゆき



*************************************************************************
 『子どもへのまなざし』からのお知らせ
*************************************************************************
・毎週金曜日「なかだの森で遊ぼう」開催(最近の様子
・毎月第2土曜日は土曜の森!
 1/12(土)は毎年恒例、『森のおもちつき』しますよ~。

・1/18(金)小学生!放課後集まれ!森が遊び場
 〜森のたき火で、作ろう!たべよう!〜

※「子どもへのまなざし」の予定が気になる方は、カレンダーを見てね!
*************************************************************************




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。