2014年9月19日金曜日

9月13日(土) 天野秀昭さん講演会『「子どものため」って誰のため?』報告

皆様、こんにちわ!ユキコです!
さて、9月13日(土)
天野秀昭さん講演会
『「子どものため」って誰のため?』
でした!!

この日は土曜の森も開催のため、
朝から遊び場の設営もします!!


もちろん、講演会の準備も!
今日は子どもたちが主人公の居場所を
少しだけ借りて、
「子どもにとって大切なこと」を
学ぶ時間にします。



さて、天野さんがいらっしゃいました!
まず初めに、この森を少しご案内。
天野さんからは、いい場所ですね、
水路があるとは知らなかった!
自然豊かですねぇぇ~!随分恵まれていますね!
とお言葉を頂いたそうです。

良いお天気の中、森の講演会が始まりました。
この日は、大人113人、子ども142人が
参加してくれました。



子どもが消費者になってしまっていること
”あそび”は本来「生産」であるはずなのに、
「消費」になってしまっていること。
そして、「あそび」とは子どもにとって魂の活動!!

「35年間、子どもの遊びばかりを考えている
人間もなかなかいない。」と
ご自分のことをおっしゃっていた天野さんの

心に響く言葉の数々は、
次回なかだの森通信で詳しくお伝えいたします!
どうぞ参加できなかった方はぜひお待ち下さい!

森にホワイトボードがあるのも、
なんか変な光景だよね〜と
笑いながらも、ホワイトボードを
大活用して、分かりやすく説明して下さった
天野さんでした。
そして、真剣に耳を傾ける参加者の皆さん。
学びたい人がこんなにいるんだ!
そして、この時間を一緒に共有できて、
本当に嬉しく思いました。
ありがとうございます!







講演会中、子どもたちも
こんなふうに遊んでいましたよ!











午後、講演会も終わり、
とてものんびりした時間。

大人は、何となく
講演会を聞いた想いをつぶやいたり、
子どもは思い思いに遊んだり…



なかだ商店(古着など)は夏物処分大売り出し!




今回も土曜の森に「日野ベーゴマクラブ」の
皆さんが来てくださいました!

こんなちっちゃいべー床に見事に乗せる皆さん!

なかなか帰らない息子を見ながら、
母が一言。
「今日の天野さんの話、聞いちゃったらさ、
もう思う存分遊んで!待つよ!って気持ちに
なっちゃうよねー」

そうですよね、この場は、まさに
「子どもが遊びを生産している場」で、
そんな子どもたちの姿を本当に
面白がって、温かい目で見れる場所だと思いました。



さて、ここで、明日(9/20(土))の
『大人のしゃべり場』へのお誘いです。
---------------------------------------------------------
講演会を聞きっぱなしにしてしまっては
勿体なさすぎる・・・
同じ話を聞いても人によって心に響く言葉は違うし
心にひっかかる所もちがう
記憶の新しい今
講演内容を自分のものにしてしまいませんか?
他の参加者と共に語りあうことで、
より深く学びあう貴重な時間となるように☆と下記の企画をいたします
ご都合のつく方、どなたでも参加できます
(残念ながら講演会に参加出来なかった方も大歓迎です)
お誘い合わせの上ご参加ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第2回 おとなのしゃべり場」開催のお知らせ
テーマ「天野さんの講演を振り返って」
日時 9月20日(土)14時~16時
場所 まなざし事務所(日野市万願寺1-25-8)
※駐車場はありません。自転車、公共交通機関、または、
お車の場合は多摩都市モノレール万願寺駅周辺の
コインパーキングにお停め下さい。
参加費 500円(資料代などとして)
申し込み info@manazashi2009.sakura.ne.jpまで
ご連絡頂けると幸いです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。