2015年5月23日土曜日

夫婦でもっと話をしよう!「父親学級」特集vol.3
イクメン講座じゃないのよね。


夫婦でもっと話をしよう!「父親学級」


「お産とオッサン。」 「産後が始まった!」の作者、
渡辺大地さんの面白おかしい父親学級!

産後、大変な時期だからこそ、
解っているはず…と済ませないで
話をして、聞いて、
夫婦一緒に育児をスタートさせる。
そんなエッセンスがつまったプログラムです。

前回、昨年12月開催の様子は、コチラ


----------

父親学級特集もvol.3。


前回までは(↓)

さて、今回は…、
「イクメン講座じゃないのよね。」と題して
前回の参加者からの感想をご紹介しまーす。

----------


早速ですが…、
父親学級と聞いて何を連想しますか?


沐浴やオムツ替えを教えてくれるのかな?

イクメンになるために、どうするかを教えてくれるのかな?


そんなことを想像される方も
いるのでは?



でも、
夫婦でもっと話をしよう!「父親学級」は、
夫婦がコミュニケーションをしっかりとりながら、
夫婦で育児をスタートする!
そのキッカケになるワークショップ型のプログラムです。

講座が終わった後には…、

夫婦でもっと話がしたくなる、
夫婦の距離がグッと近くなる、

そんな講座です。


でも、実際のところ、どーなのよ?って思いますよね。
なので、じゃじゃーんと発表しちゃいます。
前回参加された方の感想はコチラ(↓)


・日々楽しくなるように夫婦で話をしようと思う(夫)

・もっと堅苦しい内容をイメージしていたが、
全く違い楽しく、そして為になりました。(夫)

・想像以上に夫が楽しそうに参加していてホッとした。
自分の言葉を代弁していただけた。(妻)

・何回かちょっと涙が出そうになった。(妻)

・お互いの考え、意見を素直に伝えたい。(夫)

・今日の父親学級について、夫婦会議をしたいと思います。(夫)

・楽しく、笑い声があふれる中で学ぶことができました。(妻)

ご参加された多くの方々が、楽しみながら、時にウルッとしながら、
とってもいい時間を過ごしていたようです。




ただ、友人にこの講座の案内をすると、

「きっと夫は参加するの嫌がると思う」

「夫は乗り気じゃない・・・」

そんな返事をもらうことがよくあります。

んーーーー、
よくわかる、よくわかる・・・



けど、ちょっと待って・・・。

そもそも、
なぜこの講座に興味をもったか、
なぜ参加しようと思ったのか、
夫婦で話をしたのかなぁと、
ちょっとツッコミを入れたくなります。
(小心者なのでできないですが)

こういうことって日常でもよくありますよね。
(ザンネンながら私もありマス)

“パートナーはきっとこう思っているだろう・・・。”
と勝手に想像してしまう。

でもしっかり話してみると、思いがけない答えが聞けたり、
意外な想いが聞けたりすることもあるのかなーと。



この講座に少しでも興味をもっていただけたら、
まずはそのことを、夫婦でぜひ話してほしいなぁと思います!

なんとかなると思っていても、
なんとかならないのが産後・・・。
夫婦で育児をスタートするには、
沢山話して想いを共有していくのがホントに大切!!
産後4年たって、ようやくそんなことに気付きました。
そんな私も今回の父親学級に初参加しまーす。
わくわく。


次回はいよいよvol.4(最終回)。
な、なんと!講師の渡辺大地さんが
森ブログに登場するとか、しないとか?!
5/30(土)アップ予定です。おっ楽しみに~♪

(とわ)


父親学級は、赤い羽根共同募金が原資の「歳末たすけあい地域福祉活動助成金」事業です。

***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。

→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね。
→毎月第2土曜の土曜の森、次回6/13(土)
  土曜ランチは、ブログでお知らせします。
→毎月第4水曜の水曜の森、次回5/27(水)
お昼は、なかだカレーつくります。
  一緒に食べたい方は、具になるお野菜など持ってきてね。

詳しくは、今月の予定をみてね。

★お申込受付中★
   父親学級特集ブログはコチラ

***************************************************************************


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。