2015年9月5日土曜日

【あそべ!子どもたち!事業】「川であそぼう!がきんちょ団」2015
川で「子どもの時間」をとことん過ごす4日間

今年も「川であそぼう!がきんちょ団」
7月28日(火)〜31日(金)の4日間、開催しました!!

年長〜小3までの35名が
身近な川でとことんあそんだ、
豊かな『子どもの時間』でした。

今回は、写真と保護者の方の感想から、
3日間を振り返ります!!

*  *  *
初日7月28日に集まった、スタッフと35名の子どもたち。
これから、4日間、楽しもう!!

*  *  *
保護者の声

「思いっきり自然を体感して欲しい。
楽しい、危険も含めて。」
「学校で、川で遊んではいけないと言われる
ことに疑問を持ちました。
川の危険性と楽しさの両方を体験させたかった。」
「異年齢と思いっきり川で遊ぶ体験をさせたくて」
「思いっきり遊んで欲しい」
*
参加を決めた理由について、
身体で川の楽しさ、危険を知ってほしい、
思いっきりあそんで欲しい、
異年齢の子どもたちの中であそんでほしい、
という声が多く上がりました。

*  *  *

初日は多摩川、
2日目は浅川に行きます!!
川に飛び込んだり!!
カッチョイイポーズで飛び込み!!
天然ウォータースライダーで流されて。
いい笑顔〜★

今回は中学生がボランティアスタッフとして
入ってくれました!!優しいお兄ちゃん!

スタッフも飛び込み〜!!
何かいるのかな?
川がき恒例!つながって泳げ〜〜〜!!
 
一日の最後には、グループで集まって、
それぞれが楽しかったことを出し合います。
明日もいっぱいあそぼう!!
遊んだ後のスイカは美味しい!

*  *  *
保護者の声

「参加前、なぜ参加したいのか聞いたところ、
『怒られずに好きなことをさせてくれるから』
と話していました。」
*  
「肌で感じたこと、自分の耳で聞いた音や言葉は
身体の深い所で残っていくのではないかと思いました。」
「プログラム途中から、
『来年も行きたい!』と宣言していました。
毎日が充実して、心から楽しんでいる様子でした。」
「久々に遊び疲れる姿を見て、ジーンとしました。」

*  *  *
最終日は宿泊!高尾まで電車で行きます!
宿泊の夕飯はカレーライス!!
サングラスをつけて、
玉ねぎを切っているようです。
カレー、美味しいね〜!いい食べっぷり〜♪
火の神!!
誰かは想像にお任せします…
川がき最年長小3の子どもたちが
キャンプファイヤーに火をつけます!
*  *  *

今回の3年生には、
「川であそぼう!がきんちょ団」の
前身である「夏のがっこう」時代から
参加し続けて、今年卒業の子も
何人かいました。
*  *
「年中から参加させてもらっていて、
今年が最後でした。
今の時代で、東京でこんな楽しい夏休みの
川あそびがあるんだ!!
今年が最後でさびしーです…」
*
「卒業が親子共にとてもさびしく思ってます。
私にとっても成長させていただいた5年間でした。」
*
「ちょこちゃんに抱っこしてもらって
多摩川に向かった娘が、
キャンプファイヤー係をつとめて
このプログラムを卒業したと思うと、感無量です。」
*
「小学生になってから、川ガキの時間はとっても
貴重なものとなりました。
山ガキ、そして、来年の飛び出せ!も
楽しみにしています!」

*  *  *

火を囲んで、川がき最後の夜…

また来年もあそぼう!!




--------------------------------------------------
あそべ!子どもたち!事業とは
--------------------------------------------------
「あそべ!子どもたち!事業」は子ども時代の
「あそび」を保障するための取り組みです。
子どもの体験不足が叫ばれる今、
山や川であそぶことを特別なものではなく、
日常的な「あそび」の一つとなることを目指しています。

そのため、この事業に共感して下さる皆さんのご寄付や会費を使い、
安全に配慮しながらも参加費用を極力抑える努力をしています。

活動を通して、子どもたちの「やってみたい!」を
保障することの大切さを実感し、
これからも活動を続けていきます。

皆さんの応援が活動の力となっています。
応援よろしくお願いいたします!










0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。