2017年5月30日火曜日

5/13(土) 西野博之さん講演会
『泣きたい時に泣ける場所がありますか?』開催しました。

5月13日(土)しとしと降る雨の中、
西野博之さん講演会
「泣きたい時に泣ける場所がありますか?」
を開催しました。

ふれあいホールには123人もの方が
来て下さり、西野さんのお話を
じっくり聴く時間となりました。


まなざし史上初の雨の講演会。
参加者も少ないかな…と思っていましたが、
たくさんの方が雨の中、足を運んで下さいました。

今回のテーマ
「泣きたい時に泣ける場所がありますか?」

西野さんの講演会は
今の子どもたちが置かれている厳しい現状から
スタートしました。



30年以上にわたり、
生きづらさを抱えた子どもたち、
子育て真っ最中の人たちに
寄り添ってきた西野さんの、
優しいけれど重い言葉に
会場ではメモを取りつづける人が
たくさんいました。





西野さんのお話は、
子どもの現状を経て、
大人が今、大切にしたいことへ。

『どうでもいい話が聞ける関係性』
『知り過ぎないこと』
『豊かな日本語で負の感情を受け止める』
『私の問題か、子どもの問題か、夫の問題か』…




西野さんの珠玉の言葉の数々は
次回通信(37号)でお伝えしたいと思います!





西野さん講演会、最後のお話は
「自立」についてでした。

------------------------------------------------------

自立とは、
何でも独りでできるようになることではない。
それは「孤立」につながってしまう。

自立とは、誰かに助けて、と言える、
適度に人に依存できること。
それが本当の自立だと思うんだ。
------------------------------------------------------





午後に別のお仕事があり
タイムリミットがあった西野さん。

ですが、こちらがヒヤヒヤしてしまうほど、
時間を気にされる素振りもなく
最後の一人になるまで
ギリギリの時間になるまで
個別にお話をされている姿が
印象的で、
なんて温かい情熱的な方だろうと
改めて感じました。




西野さん、そして、当日参加して下さった皆さん、
すばらしい時間をありがとうございました。
そして、参加できなかった皆さん、
なかだの森通信での報告を
どうぞお待ち下さい!!

***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
⇒はじめてさんはコチラをみてね♪

→毎週金曜日は、金曜の森
→毎月第2&第3土曜の土曜の森

森開催時には、恒例なかだ鍋をつくっています
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね。

詳しくは、今月の予定をみてね。
私たちの活動を応援しませんか?

・寄付で応援!
・情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!

詳しくは、HP「応援したい人」をご覧ください!

・メルマガ『今月のまなざし』 毎月第1木曜日発行

***************************************************************************
6/17(土) 家族力がアップする!お産とオッサンの父親学級
お申込み・詳細はコチラ
***************************************************************************





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。