2月16日(金)かっこいい大人たち

朝、森に行くと
はっちがチェンソーをお手入れ
私、チェンソーの刃を
包丁と同じように研げるって
はじめて知りました。
チェンソーもメンテが
必要なんだなぁ~。
時間があれば、いくらでも
見ていたい光景。


こちらはおなじみ
ボランティアスタッフ
くろちゃん。
はっちがメンテしたばかりの
チェンソーは切れ味が違う?
子どもたち、あこがれのまなざし。 


のんびりトークのゴザの上。
ゆっくりとした時間も心地よい。 


 およ?
ぽんちゃん、どうしたの?
全身しろい衣装。
コスプレ? 


と思ったら、午後から…
お母さんたちが、
演劇を始めました。

「森は生きている」を
小さい人でも楽しめるように
脚本を組み替えたそうです。
森に来ていた人たちと一緒に、
楽しい時間を過ごしていました。


そして…、
翌々日は「日野市議会議員選挙」。
私たちの街のことは
私たちが考えたい。
そんな想いから
センキョ割
やってみたいね!
という話に。

こんな大人の「やってみたい」が
実現できるのも、
森のいいところ、
なんだろうなぁ~。

(たなかみゆき)

****************************************
「なかだの森であそぼう!」って?
****************************************

はじめてさんはコチラを。
詳しくは、今月の予定をみてね。

****************************************


・寄付で応援!

・まなざしを知って応援!
facebookinstagramをフォロー

・お買い物で応援!

・メルマガを読んで応援!
⇒毎月第1木曜日発行
登録はコチラ

****************************************

コメント

人気の投稿