2019 年も「子どもが主人公の居場所」をみなさんとともに…

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。



















みなさん、お正月はいかがお過ごしでしたか? 
私はというと、年末に台所に向かいながら活動を振り返っていました。 

昨年も、たくさんの子どもたち、親、そして地域の方々と出会うことができました。
私たちの活動は、その出会いこそが原動力です。 

活動を通して、一緒にワクワク・ドキドキしたり、お腹がよじれるほど笑ったり
時には 熱く語りあい、学びあってきました。

また、辛い、悲しい・・・と涙する姿に、何も出来ずにただただ胸を詰まらせ

思うように いかない悔しい気持ちを聴きながら一緒に腹を立てたりする時間を重ねてきました。 

活動をはじめた頃は、一般的でなかった『居場所』という言葉。 
最近は流行のように、行政もあたりまえに使うようになってきました。 
それほど家庭にも、学校や職場にも『居場所』がなく
ひとり苦しんでいる子どもや大人 が多いのが現実です。 

もちろん、人が集うと楽しいことばかりではありません。 
価値観の違いや思うように行かないことにも、多くぶち当たります。 
何気なくかけた言葉が誤解を生んだり、気持ちが伝わらずイライラしたり・・・
丁寧に接してきたつもりでも、知らず知らずに傷つけてしまった人がいるかもしれない。
せっかく “なかだの森”に来ても、ココが「居場所」とならずに離れてしまった人だっているでしょう。 

それでも森に来てくれる人をお客様とするのではなく
集った大人
たちと一緒に力をあわせて

『子どもが主人公の居場所』を創りつづけることを通して
「子どもにとって本当に大 切なこと」について語りあい学びあってきました。

人は、争ったり傷つけあうために産まれてきたのでは断じてありません!
私たち大人が、ちょっとめんどくさいことも乗り越え、楽しみなが
子どもが『子ども のままで居られる「居場所」』を創りつづけることを通して
大人が子どもたちの姿から学び、考え続ける。
そのことで、実は大人の生き方も豊かなものになっていく。 

そして、いつの間にか地域が元気になる!いや...なったらいいな♪ 

年の初めに、改めてこれまで出会ってくれたすべての人にありがとう♪ を伝えたい。 
そしてこれから出会うすべての人たちと、感謝の気持ちからスタートしたいと思っています。

2019 年も「子どもが主人公の居場所」をみなさんともに・・・

NPO法人子どもへのまなざし 代表 中川ひろみ

コメント

人気の投稿