2014年9月19日金曜日

9月13日(土) 天野秀昭さん講演会『「子どものため」って誰のため?』報告

皆様、こんにちわ!ユキコです!
さて、9月13日(土)
天野秀昭さん講演会
『「子どものため」って誰のため?』
でした!!

この日は土曜の森も開催のため、
朝から遊び場の設営もします!!


もちろん、講演会の準備も!
今日は子どもたちが主人公の居場所を
少しだけ借りて、
「子どもにとって大切なこと」を
学ぶ時間にします。



さて、天野さんがいらっしゃいました!
まず初めに、この森を少しご案内。
天野さんからは、いい場所ですね、
水路があるとは知らなかった!
自然豊かですねぇぇ~!随分恵まれていますね!
とお言葉を頂いたそうです。

良いお天気の中、森の講演会が始まりました。
この日は、大人113人、子ども142人が
参加してくれました。



子どもが消費者になってしまっていること
”あそび”は本来「生産」であるはずなのに、
「消費」になってしまっていること。
そして、「あそび」とは子どもにとって魂の活動!!

「35年間、子どもの遊びばかりを考えている
人間もなかなかいない。」と
ご自分のことをおっしゃっていた天野さんの

心に響く言葉の数々は、
次回なかだの森通信で詳しくお伝えいたします!
どうぞ参加できなかった方はぜひお待ち下さい!

森にホワイトボードがあるのも、
なんか変な光景だよね〜と
笑いながらも、ホワイトボードを
大活用して、分かりやすく説明して下さった
天野さんでした。
そして、真剣に耳を傾ける参加者の皆さん。
学びたい人がこんなにいるんだ!
そして、この時間を一緒に共有できて、
本当に嬉しく思いました。
ありがとうございます!







講演会中、子どもたちも
こんなふうに遊んでいましたよ!











午後、講演会も終わり、
とてものんびりした時間。

大人は、何となく
講演会を聞いた想いをつぶやいたり、
子どもは思い思いに遊んだり…



なかだ商店(古着など)は夏物処分大売り出し!




今回も土曜の森に「日野ベーゴマクラブ」の
皆さんが来てくださいました!

こんなちっちゃいべー床に見事に乗せる皆さん!

なかなか帰らない息子を見ながら、
母が一言。
「今日の天野さんの話、聞いちゃったらさ、
もう思う存分遊んで!待つよ!って気持ちに
なっちゃうよねー」

そうですよね、この場は、まさに
「子どもが遊びを生産している場」で、
そんな子どもたちの姿を本当に
面白がって、温かい目で見れる場所だと思いました。



さて、ここで、明日(9/20(土))の
『大人のしゃべり場』へのお誘いです。
---------------------------------------------------------
講演会を聞きっぱなしにしてしまっては
勿体なさすぎる・・・
同じ話を聞いても人によって心に響く言葉は違うし
心にひっかかる所もちがう
記憶の新しい今
講演内容を自分のものにしてしまいませんか?
他の参加者と共に語りあうことで、
より深く学びあう貴重な時間となるように☆と下記の企画をいたします
ご都合のつく方、どなたでも参加できます
(残念ながら講演会に参加出来なかった方も大歓迎です)
お誘い合わせの上ご参加ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第2回 おとなのしゃべり場」開催のお知らせ
テーマ「天野さんの講演を振り返って」
日時 9月20日(土)14時~16時
場所 まなざし事務所(日野市万願寺1-25-8)
※駐車場はありません。自転車、公共交通機関、または、
お車の場合は多摩都市モノレール万願寺駅周辺の
コインパーキングにお停め下さい。
参加費 500円(資料代などとして)
申し込み info@manazashi2009.sakura.ne.jpまで
ご連絡頂けると幸いです。



2014年9月10日水曜日

9/13(土)天野秀昭さん講演会特集
『「子どものため」って誰のため?』最終回
今週末いよいよ講演会です!



皆様、こんにちわ。ユキコです。
小学校2年生のオテンバ娘を持つ母です。

さて、講演会も今週末となりましたね。
講演会までワクワク楽しみに待ちたい!という気持ちで
組んできた「天野秀昭さん講演会特集」も
今回で最終回となります。

さて、最終回の今回、
まずは改めて講演会についてお知らせいたします!

------------------------------
講演会インフォメーション
------------------------------
天野秀昭さん講演会
『「子どものため」って誰のため?
〜期待に応えようと「いい子」を演じる子どもたち〜』
日時:9月13日(土) 10時〜12時
●入場無料、申し込み不要です。
●雨天決行(でも、今のところ、晴れの予報です!やったー!)

場所:仲田の森蚕糸公園「なかだの森であそぼう!」内にて

 〈住所〉日野市日野本町6−1−88
    ※駐輪場、駐車場(100円/1時間)あり
 〈目印〉日野市市民の森ふれあいホール、日野市立仲田小学校隣
 〈最寄り駅〉
 JR日野駅より徒歩13分
 多摩都市モノレール甲州街道駅より徒歩10分
 高幡不動駅、立川駅、日野駅より京王バス【立65】
 ⇒「市民の森ふれあいホール」バス停下車

講演会は「なかだの森であそぼう!土曜の森」内での開催です!
講演会終了後も5時まで
「なかだの森であそぼう!」を開催しています。
ぜひそのまま遊んでいってくださいね。
また、野外での講演会です。
森でお子さんを見守りながら、また、
お子さんが森での時間を過ごしている間、
共に考える時間を持ちたいと思います。
※当日は土曜の森気まぐれランチがありません。
午後も遊ぶ皆さんはお弁当などをお持ち下さい!

●当日は簡単な受付と、講演会終了後にアンケートをさせて頂きます。
ご協力、よろしくお願いします。


「子どものため」って誰のため?〜私の場合〜
さて、こちらは特集4回に渡る連載で、
子育て中の人たちに
今回のタイトル『「子どものため」って誰のため?』
を見た気持ちを綴ってもらっています。



先ほどお伝えしたように、

今回の講演会は土曜日に開催!ということで、
お父さん方も参加してくれる予定です!
ということで、最終回の今回は、
父が思う『「子どものため」って誰のため?』を
4才と0才の2人の父、たけちゃんが
気持ちを綴ってくれました。

------------------------------
「子どものため」って誰のため?
〜④タケちゃんの場合〜
------------------------------
子どものため!いろいろなタメがあるとは思うが、
ここで書きたいのは子どもの「幸せ」のため、について。

僕の場合、子どもの幸せのために頑張るが、
空振りしないよう、的外れにならないよう、
本人を見て確かめているつもり。
その幸せ度合いの尺度は、どれだけ笑顔かどうか。

今はまだ、幼少期であるが、
この先は親が子どものためにと思ったことで、
本人から笑顔が消えてしまうような場面が出てくると思う。
その時に、果たして「子どもの幸せのため」となっているかどうか、
立ち止まることが大切だと思う。
僕には、うまく対応できるかどうか、
その時になってみなければ、わからない。
でも、その時に考えたいのは、その先に、笑顔があるかどうか。
そして、子どもの幸せを願う親の顔にも笑顔があるかどうか。
親も幸せでなければ、やっていけない。
子どものため=親のため、という式も成り立つのではないかしら。

子どものため、とは奥が深い。そして、模範解答はないから、
これから先もこのことについて想いを巡らしていきたいと思う。


*  *  *  *  *  *
さて、最終回の今回、
この講演会特集を読んで、そして、講演会に向けて
小2の長女を筆頭に3人の子の母であるみほちゃん
が気持ちを綴ってくれました。

------------------------------
「子どものため」って誰のため?
〜⑤みほちゃんの場合〜
------------------------------
子どもに寄り添いたいと思いながらも、今、
私が子どもにかけている言葉は、子どもの気持ちを
封じ込めることばかりなんじゃない?
夏休み、小2の長女に叩かれたり、
噛み付かれたりするたび、
もうひとりの自分が問いかけてきます。

このままじゃいけない、私、
「やろうとしていること」と
「やっていること」がズレている。
そう感じながらも、自分の気持ちとじっくり向き合う
時間を取れないままに終わってしまう毎日。
このままでいいのか?いいわけない、
焦る気持ちにフタをする毎日。

そんな中、講演会に向けてのブログを読んで、
天野さんの話を聞きたい!今の私には必要!!
直感的にそう思い、講演会が楽しみになった私です。

そしてブログに登場した子どもたちの「今」と
向き合っている大人たちと、
お互いの「私」の気持ちを話したいな〜。
それはきっと一人の頭の中で考えるよりずっと楽しくて、
気付きがいっぱいある気がして!

---------------
『「子どものため」って誰のため?〜私の場合〜』を
お送りしてきました。
子育て中の今の気持ちを綴ってくれた皆さん、
本当にありがとう!!

読んでくださっている皆さんの考えに近い
『「子どものため」って誰のため?〜私の場合〜』は
ありましたか?
それとも、更に違う想いの方もいるかもしれません。

講演会当日は、その気持ちを持って、
天野さんのお話を聞きながら、一緒に考え、学ぶ時間にしたいです。


=============
最終回まで読んで頂き
ありがとうございました!

ついに、天野さんのお話が聞けるー!と
楽しみにしています!
皆さん、どうぞ講演会に足を運んでくださいね。


天野秀昭さん講演会特集vol.4(最終回)いかがでしたか?

Facebook講演会ページを立ち上げました!!
ぜひチェックしてくださいね♪


***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。

→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね。
→毎月第2土曜の土曜の森、次回9/13(土)。
  この日は、講演会なので、きまぐれランチお休みです。
→毎月第4水曜の水曜の森、次回9/24(水)。
お昼は、なかだカレーつくります。
  一緒に食べたい方は、具になるお野菜など持ってきてね。
***************************************************************************


2014年9月9日火曜日

なかだの森通信27号発行のお知らせ!

皆さん、こんにちわ。ユキコです。
9月!なかだの森も再開しました!
皆さん、いかがお過ごしですか??

大変お待たせいたしました!
なかだの森通信27号発行のお知らせです。



今回の特集は、
・雨の森
・水曜日だって朝から仲田の森で。
・天野秀昭さん講演会
です!!

児童館、子育て支援施設などに置かせて頂いています。
ぜひ手にとってみてくださいね♪

***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
8月はお休み、次回は9/12(金)ですよ~。

→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね。
→毎月第2土曜の土曜の森、次回9/13(土)。
  この日は、講演会なので、きまぐれランチお休みです。
→毎月第4水曜の水曜の森、次回9/24(水)。
お昼は、なかだカレーつくります。
  一緒に食べたい方は、具になるお野菜など持ってきてね。
***************************************************************************


2014年9月8日月曜日

9月5日(金) 9月も「なかだの森であそぼう!」


8月いっぱいお休みして
久しぶりの「なかだの森であそぼう!」
みんなは元気だったかしら?
夏をどう過ごしていたのかしら?

森のみんなに会えるのが楽しみで
ワクワクしながら森へやってきた私(ひろみん)です★

朝一番におっちゃんからのお土産
「ヤマボウシ」
よく熟れてあまーい
こちらは仲田公園のハリグワの実
ヤマボウシとちょっと似ているけれど
全く違う味わいです
「ここが桑畑だったことを証明する木だね
だって外来種だから自然には生えないからね」
とサスケくん。なるほど-・・・
   
木の実や草花は「コレ、おいしそうだなぁぁ?」と思っても
むやみに口にいれないようにしましょうね
中には毒性の強いものもあるので
ちゃんと調べてからにしましょう!
大概のものならサスケくんに聞くと
教えてくれますよ☆

おとうさんはちからもちだねぇぇ~!
うんうん、おもいなぁぁ・・・
(絵本「ぞうくんのさんぽ」より)


はいはい、こちら「ぞうくんのさんぽ」
ゴザの上に寝っ転がって
子どもたちと絵本を読んでみました
緑の木々がまるで額縁みたいで
なんかいい!

「きれいな石が埋まってるよ!」
「どれどれ力をあわせて掘りだそう」
と言っている訳ではないのですが
そんな雰囲気の人たち・・・
1年半ぶりのお母さんがふたりも来てくれました!
下の子の妊娠中に切迫流産で
全然森に連れてこれなかったんです
とお二人とも第2子と一緒に
元気な顔を見せてくれて
うれしかったぁぁ~
おかあさん!大変でしたね!!

野外保育「まめのめ」の皆さんの絵本タイム
今日は多摩川でライフジャケットを着て
泳いできたんだって!
いいなぁぁ~
みぽりんがウクレレを弾きながら
子どもたちと唱ってくれました
♪あるこう~
♪にじ~
♪ビリーブ などなど
いつも公園にチップを蒔きにきてくれるおじさん
興味津々の子どもたち
いつもご苦労様です!

この頃小学生は4年生を中心に
桑ハウスをはさんで反対の広場に集まって
野球を楽しんでいたようです
ずいぶん成長したんですねぇぇ
「なかだの森であそぼう!」開催日以外でも
なかだの森に集まってあそんでいるらしい
子どもの群れがここにも
うれしいかぎり!

はじめまして!のあかちゃんも
水に吸い寄せられるように・・・

ここでいっしょにいっぱい遊んで
大きくなろうね!

ひさしぶりだけど
やっぱりいつものように
穏やかにのんびりと時間が流れる「なかだの森」
子どもたちがあそぶ姿を
見守りながら
しあわせ、しあわせ、しあわせ☆
hiromin


2014年9月3日水曜日

9/13(土)天野秀昭さん講演会特集
『「子どものため」って誰のため?』
vol.3 天野さんの本、読んだことありますか?





皆様、こんにちわ。ユキコです。
小学校2年生のオテンバ娘を持つ母です。

天野さんの講演会まで、
みなさんともっとワクワク楽しみに待ちたい!
そして、子育て中の人、子どもの育ちに関わる人、
すべての人と共に学べる講演会にしたい!
そんな気持ちで、
天野秀昭さん講演会特集を組んでいます。
今回で折り返しとなりました。
あとしばらくお付き合いください!

今までの連載もぜひご覧下さい。

さて、第3回目の今回は、
天野さんの本、読んだことありますか?
と題してお送りしていきます。
                   

ここで改めまして、
天野秀昭さんをご紹介します。
日本初のプレーリーダーである天野さん。
四半世紀以上にわたって、
「子どもがあそぶこと」に
情熱を傾けてきた方です。

------------------------------
天野さんの本、
読んだことありますか?
------------------------------
今回は、天野さんが書かれた
2冊の本をご紹介しようと思います。

『子どもはおとなの育ての親』
天野秀昭編/
発行:企画編集室ゆじょんと/
初版 2002年12月1日

『よみがえる子どもの輝く笑顔』
天野秀昭著/
発行:すばる舎/
初版 2011年12月30日
今回、講演会に天野さんをお招きする事が決まり、
上の2冊を改めて読みました。

今回は、本の概要をお伝えする代わりに、
この2冊の本を読んだ気持ちを書きたいな、と思います。

'「あぶない」「きたない」「うるさい」
ぼくはこれを、子どもの遊びを表す三大形容詞と言ってきた。
いや、子どもそのものを表すといってもいい。
それをもっと社会は許容してほしい。
それがぼくの、この32年間の訴えだった。'


この2冊の本には、そんな天野さんの想い、
出会った子ども達がたくさん出てきます。
その一瞬を切り取ったような天野さんの文章を読むと、
いつも胸が熱くなって、少し苦しくなります。

天野さんの本に出てくる子どもたちの言動は、
常に仲良くしてて微笑ましくて楽しい!ではなくて、
苦しかったり、悲しかったり、
自分の気持ちと闘ったりしていて…

本気で自分や人と向き合ったり、
魂で生きる、っていうのはこういうことなんだよ、
と、天野さんと出てくる子どもたちに
問われている気がします。

『よみがえる子どもの輝く笑顔』の後半には
「あぶない」「きたない」「うるさい」子どもを
許容できない今の社会について
いろいろな角度から書かれています。

今の世の中の「当たり前」に、
私も振り回されていて、でも、私もそれを形成している一人なのだな…
と感じています。

この2冊の本を読むと、改めて
天野さんが講演会でどういう言葉を伝えてくださるのか、
すごく楽しみになります!

皆さんもぜひお時間がありましたら、
手にとって見て下さい。

*  *  *


「子どものため」って誰のため?〜私の場合〜

さて、こちらは特集4回に渡る連載で、
子育て中の人たちに
今回のタイトル『「子どものため」って誰のため?』
を見た気持ちを綴ってもらっています。


今回は…
------------------------------
「子どものため」って誰のため?
〜②キヨちゃんの場合〜
------------------------------
                    
「子どものため」って誰のため?のフレーズを読んで、
自分は何を「子どものため」と思い
行動してるのか考えてみた。
わたしの日々の行動の動機を。

そしたら「子どものため」にやってる事が
あんまりなくって逆に驚いた。
あれれ、わたし、毎日「子どものため」に
朝から晩まで時間使ってる〜!
だから自分の時間、全然ない〜!!
って思ってたんだけどな。

でも一個一個の事を丁寧に考えてみると
最終的には、自分のためだったり、
家族のためだったり、
子どもがいなくてもやらねばならぬことだったり。
ごめんよ〜〜、息子、娘。
母はあんまりあなた達のために動いていないようだ。

いや、でもそう言ってしまうと何か違うよな。
子どもだけのためじゃないけど、
私達お互いのためにいろいろやっている(つもり)。

子どもが楽しそうなら私もハッピーで、お互いハッピー。
これって誰のため?
ん〜〜、よくわからん。
当日はどんな話が聞けるのかな。
楽しみだな。

-------------------
4才と2才の子の母であるきよちゃんが書いてくれました。

私も、日々、子どもを叱りすぎちゃったなとか、
自分がそういうふうにしたくないと思いながらも
私達は毎日「子どものために」頑張ってるつもり。

「子どものため」ってなんだろう…?
皆さんはどう思いますか?

=============
読んで頂き
ありがとうございました!

天野秀昭さん講演会特集vol.2 いかがでしたか?

Facebook講演会ページを立ち上げました!!
ぜひチェックしてくださいね♪

次回も来週水曜日を予定しています。
どうぞお楽しみに★

***************************************************************************
『子どもへのまなざし』からのお知らせ
***************************************************************************
「なかだの森であそぼう!」予約不要です。雨でもやってます。
8月はお休み、次回は9/5(金)ですよ~。

→毎週金曜日は、金曜の森。お昼は、恒例なかだ鍋
  お野菜など、自分が食べたい分持ってきてね。
→毎月第2土曜の土曜の森、次回9/13(土)。
  この日は、講演会なので、きまぐれランチお休みです。
→毎月第4水曜の水曜の森、次回9/24(水)。
お昼は、なかだカレーつくります。
  一緒に食べたい方は、具になるお野菜など持ってきてね。
***************************************************************************