2014年2月28日金曜日

なかだの森の忘れ物

いつの間にか、こんなに忘れ物さんが集まっていました。
持ち主さんを探していますので、お心当たりのある方は
事務局までぜひ、ご連絡くださいね♪

連絡先はこちらです
info@manazashi2009.sakura.ne.jp
TEL 050-3721-1973(月~木 13時~17時)


                                                                  rika

2014年2月23日日曜日

2月7日(金) なかだの森の素敵さって・・・   

 
初めまして。
1才2ヶ月の男児の母です。

息子が10ヶ月くらいの時から森に通っています。

以前から、なかだの森の存在は知っていましたが
 
外遊びは息子が歩けるようになってからでないとできないな。
 
 と何の気なしに考えていて
 
それまではずっと、近くの児童館や乳幼児向け施設で遊んでいました。

(今思えば、とても勿体無いことをしたなと。)

最近では、テレビやインターネットニュースでも
 
幼少期の外遊びが大切だと言われるようになってきましたね。

 
今回、ブログを書かせて頂くことになり、どのような内容が良いのかとても悩みました。

今日はこんなお天気で、こんな遊びをしていました。
という内容にしようかとも思いましたが、

子たちが楽しく遊んでいる様子は過去のブログからもとてもよく伝わってくるので
 
今回は、あえて、私目線で、なかだの森の素敵さをお伝えしようと思います。

 
 
 
 
 
なかだの森には


息子を「○○くん」ではなく、「○○」と呼び捨てで呼んでくれる人たちがいます。


食べ物につられて寄って行く息子に、分け与えてくれる人たちがいます。


私のことを、下の名前で呼んでくれる人たちがいます。


子にとって良い事をしたと感じれば
「良いお母さんだね」と認めて褒めてくれる人たちがいます。


どの子も一緒にリヤカーに乗せて遊んでくれる人たちがいます。


皆さん色々な所から来るので、素敵な出会いがたくさんあります。


 
他にももっとたくさんありますが、今思いつくのはこのくらいでしょうか。


どれも特別な事では無いと思います。

ですが、森に行く以前では、どれも経験できなかったことばかりです。

親の心が豊かになれる場所も必要ですよね。

親子ともに、毎週森で遊ぶのを楽しみにしています。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。    蛍




~~~ そして、写真で綴る今日の「なかだの森」 ~~~

森のプレゼント!?
ボランティアのくろちゃんが
毎回せっせと薪づくりをしてくれます
水路脇にて・・・
さてさて、お弁当の時間です☆
先週の「きりたんぽ」
自分でもやってみたい!とトライしているみたい☆
本日の「なかだ鍋」
よっ!お兄ちゃんかっこいいなぁぁ~
下で見守るお母さんはハラハラ・・・
裸足大好きHくん
こっちでも泥んこあそび!
「手作りがんも」を作って来てくれたママがいました
おからを丸めて作るんだそうです
外はカリカリ
中はふわふわで美味しい~
男の仕事に憧れる男子2人組
幼稚園帰りのやんちゃくんたち☆
1歳、4歳、9歳で焚き火を囲む
夢中で穴を掘り続ける小学生男子

たもつ、何作ってるの?
上に不思議に生き物を発見・・・
だっこさせて~
大丈夫かな・・・

火は面白い
火はこわい
火は不思議
火はすごい
火は温かい

子どもたちと
焚き火を囲み
今日も暮れていきます・・・











2014年2月15日土曜日

2月14日(金) またまた雪、ゆき、ユキ~! 寒~いけど、ほっこりの「なかだの森」 にようこそ!



またまた、雪でしたねぇぇ~
それも前回にも増して記録的な大雪で、各地の被害も心配されます

たった2日でしたが、2週連続の本格的な雪
毎週の雪かきですっかり体力を消耗しているのは私だけではないかも・・・
本当に雪国の人の苦労を実感する2月となりましたね
「森の日」は、雨でも雪でも、思いっきりあそぶ!
と決めて1日をスタートしますので
覚悟は決まっています
それでもなお、子どもたちのあそびっぷりは
いつも想定を超える元気っぷりなのでした
朝から雪山であそんでいるのは「まめのめ」さんたち

落ち葉を集める道具もそりに・・・
その後「まめのめ」さんは多摩川土手へ出かけていき
「なかだの森」はちびっこの森に☆
ずいぶん積もってきましたねぇぇ・・・
「まめのめ」さんたちも、雪あそびから戻ってきて
焚き火を囲んでお弁当タイム


2つのそりに片足づつ入れてすべるらしい・・・




こちらHくんがお父さんと作っていました☆
こちらはミニミニ雪だるま

おや、ここにも!

冷えた手や足をすぐに温められるように
焚き火でお湯を沸かしておきます


安納芋の差し入れあり!
温まるぅぅ~
足湯をするHくん
「お風呂入りたいから、全部脱ぐ!」
いやいや、それは困ります(笑)

こちらは雪の中を走る電車だそうです・・・
どんどん、どんどん積もってきました・・・
サスケ選手の滑走はさすが!


積もってきたから、すべるすべる!!

ここは本当に日野市なのか!?

ちびっ子たちが帰り、小学生が来るまで
スタッフはしばしの休憩
差し入れのおにぎりを焼いてほっと一息

やっぱり放課後小学生の強者たちが
やってきました!
ソチ・オリンピックではなくて
「ソリ.オリンピック」だそうです

日本代表Yくん
見事なすべりを見せました!

Aさんの豪快な転倒に大爆笑

こちらもまさか?の転倒

傘の下は秘密基地らしい・・・
たき火の熱で雪を溶かさないと
テントが雪の重みでつぶれそう・・・

いよいよ雪は激しくなり
テントを撤収し後はたき火の後片付け・・・
というところにYくん登場
高幡から30分かけて歩いてきたとのこと
「お母さんは、こんな日は絶対誰もいないわよ!って言うんだけど来てみた!」
とさわやかな笑顔☆
あっぱれ!!
5時すぎのなかだの森の様子
歩道も膝上くらいの積雪
歩くのもままならない状態・・・
さすがにYくんが心配で
サスケくんが自転車を引きながら家まで送っていくことに・・・


記録的な大雪となったこの日ですが
「なかだの森」に行けばきっと誰かいるはず☆
と信じて来てくれる小学生がいることに、なんだかほっこり・・・
『子どもが主人公の居場所』を創りたい
と活動を初めて6年目
改めてこの活動の子どもの心の中での存在感を
実感したのでした
今週末も雪マーク・・・
さてさて、どんな出会いがあるかしら
くれぐれも路面の凍結などには気をつけてね☆
hiromin



2014年2月11日火曜日

2月8日(土)  雪だらけ~ の土曜森  


東京では16年ぶりともはたまた45年ぶりとも言われる
大雪となりました!
まだまだ、雪が残り凍っているところもあるので
注意が必要です☆

「雪が降るとその後が大変・・・」
なんて思ってしまうのは大人だけ
子どもの頃は「やったー!」でしたよね!

というわけで、あの雪が降り積もる中
「なかだの森」であそびまくった人たちがいたのです

まずは、テントを張ります
雪は重いからと、いつもより小さめのブルーシートで
屋根を作りました
早々と集まったいつものメンバー
待ちきれない!とばかりに雪あそびをはじめました
こんな日は火がとても大切です
空気が湿っているのでなかなか火がつかない・・・
リヤカーで雪を集めるらしい・・・
そうそう、多摩信用金庫では職員研修の一環で
地域のボランティアを推進しているとのこと
この日も若い職員さんが「なかだの森」を訪ねてくれました

こんなお天気の日に来たのだからと
子どもたちと一緒に雪あそびを楽しんでいましたよ!

雪あそびで冷たくなった手を温めるために
お湯を沸かしています
と言っても公園の水道は全て凍結しているので
雪を溶かしてお湯を作りました
お湯に手を入れるとほっと一息・・・

(でも、そのお湯ときたらドロ水色
やっぱり、都心の雪は食べられない・・・と思いました)
そりボード?

ジャンプ台を作って・・・
日本代表選手!うーん、あと少し・・・

この後、たもつの本物のスノーボードも登場
車に積んでくるたもつのやる気とばかばかしさが
いいね!

たもつ曰く
「雪だからお休みとかダメですよ!もったいないっす!」
大人だって火の側ばかりじゃ寒いばかり・・・
何やら、作り始めましたよ!

たき火を囲んでランチタイム
じーっとすると寒いんです
あそんでいないと、とても居られないほど冷えてきました☆
それでもまだまだ続くかまくら作り
おっ!!なんか形になってきましたよ!

かまくらづくりにはまる大人たち

水路も雪で埋まりそう・・・
ここ本当に東京ですか?
遠くから見ても変な人たちの集まりにしか見えません・・・

よく見るとテントの中に子ども
夢中であそんでいるのは大人たち!?

かまくらはエスキモーの家「イグルー」方式で建設
たもつが真剣に雪ブロックを作っています
どんどん降り続いて
すっかり雪で埋め尽くされたなかだの森
サラサラ雪に飛び込むAちゃん
雪合戦がはまりました

たもつの吹雪攻撃(笑)

こんなになっちゃった・・・


子ども3人楽々入れるよ!
それにしても、屋根が平たい・・・?

悪天候は開催中止になることもある「なかだの森」
この日、なんとかスタッフが揃ったので決行したものの
まぁ、雪あそびは体が冷えるし
15時 には撤収しようね!と言っていたのですが・・・

あまりにも素晴らしい雪に
すっかり夢中になったのは、子どもだけでなく大人たちも
夢中であそばないと寒いだけだし、つまらない!
そう「あそび」は、楽しいかどうかだけ☆

夢中になりすぎて15時撤収なんてすっかり忘れて・・・
どうしても、かまくらの屋根を完成させたくなってしまった大人たち
(いやいや、もはや大人ではなくて
すっかり子どもになってまった人たちデス)

頑張ったけどあと少し・・・という所までで断念
でも、みんなみんな満足顔!

テントや焚き火の片付けをして
駐車場を出たのは16時半
2台の車はすっかり雪に埋もれていて
改めて、この大雪が降り続く中
一日中なかだの森で何してたんだろ?
となんだか笑っちゃうスタッフなのでした(笑)

45年ぶりの大雪を仲田小の子どもたちと
あそびつくして
大満足の土曜森でした!

(hiromin)