2011年10月30日日曜日

10月28日(金)講演会

暖かな日差しに恵まれて、
楽しみにしていた講演会のために森へ!




最近子どもの失敗を「許す」形で毎日折り合いをつけていたり、些細なことで怒りすぎてしまったりで、
今回の講演会のテーマは何か新しいことが自分の中に入ってくるような気がして楽しみにしていました。
西野さんは自分の言葉でまるで一対一で話をしているかのように、語ってくれました。
大人の時間と子どもの時間はちがう、
どうなるかを経験から知っているからといって失敗しないように先回りしてしまうと、
今を生きている子どもの時間を奪ってしまう。
そして大きくなった時小さな失敗がとんでもないことのように思えて社会から背を向けてしまう。
子どもは一つ一つの失敗から沢山のことを学ぶんだ!
子どもが泣きながらこっちに来たら、話を聞いて辛かったね、
と寄り添ってあげながらも、心の中でしめた!と思わなくっちゃ。
失敗をいけないことだ、
どうしたら次に失敗しないか教えてあげないと将来困る!
と思いすぎていた私はガーンと殴られたような気持ちになりました。
子どもを責めないまでも、言外にちゃんとした子になることを強いていたなぁと。
自分の気持ちだけを「私はこうだと悲しい、嬉しい」と伝えるだけでいいんだと聞き、
自信を持って子どもと向き合うことができそうです。
小中高や社会の状況を細かく説明して下さり、
子どもの生きづらさがいいかげんさを許さない社会の仕組みによるものだとも話して下さいました。
ゆるいぐらいが丁度良い、ゆる親のすすめを早速実践してみます。
子どもが無事生まれてきた時のあの心に広がる温かな喜びを大切に、
   「生きてるだけですごいんだ」
そのことばを胸に、これからも子どもと同じ方向をむいて、
ともに大きくなっていきたいと思いました。      
aya





2011年10月24日月曜日

講演会 『子ども時代の失敗は可能性の宝箱』 

来る10/28(金)
  講演会「子ども時代の失敗は可能性の宝箱」を開催しま~す! 
                             パチパチパチ~

子どもにとってよかれと思っていることが
子どもの本当の幸せになっていますか?

子どもの将来を考え、
ていねいに子育てしてきたつもりなのに
なぜか自信が持てなくなったり
不安な気持ちにかられてみたり・・・

講師に西野博之氏をお招きしてお話を伺いながら
一緒に考えてみませんか?
(この活動は財団法人キリン福祉財団助成事業です。 )


◆日時 : 10月28日(金) 10時30分~12時 雨天決行です!

◆場所 : なかだの森(自然体験広場 仲田の森)

◆申込み: 申込みはありません。入場無料です。

お子さん連れでも大丈夫です。
森で遊ぶお子さんを見守りながら、
西野さんのお話に一緒に耳を傾けてみませんか?
恒例のなかだ鍋はお休みになります。 お弁当持ってきてね。
午後にはちょっとしたお楽しみ(美味しい&楽しい)があるかも。。。
お楽しみに~♪

詳細はホームページにも書いてるので見てみてねん。

ホームページには過去のイベント情報や、
その他のお知らせもいろいろ書いてありますので
見たことない方、これを機会に是非是非覗いてみてくださいね。


   ★☆西野博之の紹介☆★
川崎市子ども夢パーク 所長 川崎市子ども夢パークのHP
NPO法人フリースペースたまりば 理事長
フリースペースえん 代表 
フリースペースたまりばとフリースペースえんのHP

著書『居場所のちからー生きてるだけですごいんだ』
西野博之著/教育資料出版社

9月29日(木) 小学生!放課後集まれ!!森が遊び場~第3回~

9月29日木曜日
3回目となった
「小学生!放課後集まれ!!森が遊び場」
今日もみんな遊びに来てね~!!


さてさて、今回は「木工コーナー」
こうしなきゃいけない、これを作らないといけない、なんていうのはありません。
みんなが作りたいものを作る「木工コーナー」です。












そして、このコーナーを飛び出していった子達も・・・


木にツリーハウスを作るんだって!
今回は出来上がらなかったけど、
また建築しにきてね。

そして、こちらでは枝を使って木の家を建築中。
最初にこんなのだったのが・・・


こんなになり・・・


それから


そして!


じゃーん!!秘密基地だね。
って、写真が下手すぎる・・・
ごめんなさい。

そうそう、そういえば、この秘密基地の枝々は
前々日の台風の爪痕です。

でも、子ども達はその枝を使って
秘密基地を作ったり、
こちらでは枝の中に
もぐりこんでいきます。


そして、森の恵み


家で食べるんですって。



突然話は変わりますが、
この日は日野市内の小学校、
運動会が2日後に控えた日でもありました。

お隣の仲田小学校からも
準備や練習の音が聞こえてきてて、
小学生のみんなも忙しかったよね。
そんな中、40人以上の幼稚園・小学生が
遊びに来てくれました。

学校が終わってそのまま来てくれた子も・・・





この日の様子は、日野ケーブルテレビでも放映されました。
NPO法人子どもへのまなざしのHPにも、
その内容をアップ予定ですので、
そちらもお楽しみに!!


さてさて、次回は・・・


今年最後の森の日、12月23日まで
毎週、森が開いてるよ!

みんな、遊びに来てね。




2011年10月21日金曜日

事務局からのお知らせ

いつも「なかだの森であそぼう!」に来ていただき、ありがとうございます。

10月20日(木)~27日(木)に
なかだの森で、水路変更に伴う工事が行われます。
樹木の伐採と伐根工事のため、重機の出入りがあり、森の使用ができません。

「なかだの森であそぼう!」は10月21日(金)はお休み 
いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

                         NPO法人子どもへのまなざし
                              事務局  藤浪里佳  

2011年10月16日日曜日

10月14日(金) 金曜の森

まだ、蚊がいますがすっかり秋模様の金曜の森

この日は「おはなしの森」の日


いかがでしたでしょうか?

今回のテーマは旅でしたが少しでも旅気分味わってもらえましたか?


詳しくは後日ブログでアップしますのでお楽しみに!

この日のなかだ鍋いったい何が入ってたのでしょうか?

ゴマ?豆乳?味噌?醤油??

でも、もんのすごくおいしい!

いつもおいしいお鍋ありがとう!



午後も森の図書館でいつもと違う森を楽しむ親子。


いつもの様にリアカーで楽しむ親子。



おもいおもいに秋の森を堪能してました。

来週、10月21日金曜日のなかだの森はお休みです。
詳しくはコチラをご覧ください。

来週は会えませんが再来週10月28日(金)の森で会いましょう!

きっと、銀杏の紅葉が始まって素敵な森になってるはず!

では!

ひげこ










2011年10月10日月曜日

☆第三回おはなしの森のお知らせ☆

おはなしの森

秋風が香る森の中
子育て中の母が
子ども、そして子育て中の父と母へ送る
読み聞かせ

森で遊ぶお子さんをスタッフと一緒に見守りながら
おはなしの世界を楽しんでみませんか?

日時   10月14日(金)
子ども向け  10:30くらい~
大人向け   11:00くらい~
おしゃべり会 11:30くらい~

場所   仲田の森(仲田小学校となり)
日野本町6-1

予約不要  参加費無料  定員なし
(雨天時:読み聞かせは桑ハウスにて開催、森の図書館はお休みします。)

・今回のテーマは旅
子育てに追われる日々、なかなかできないのんびり旅
今度はどこへ行こう? 
どこに行きたい?
考えるだけでもわくわくするね。
おはなしの森で心だけでも旅心地

・子どもへの読み聞かせ
「ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ」
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: 林 明子

優しい絵
ホッとできるかわいいストーリー
森で遊ぶ子ども達を思わせるような男の子のかわいい冒険旅行をお届けします。

・大人への読み聞かせ
俵万智さんが母になり子育て中に執筆した「たんぽぽの日々」
たんぽぽの綿毛をいつか旅立つわが子に重ね、ささやかな日常の一瞬を切り取ったような短歌集。
この短歌集の中から子育て中の母が短歌を選びみなさんへお届けします。

・小冊子「本と私」
森に集う6名の男性陣が子育て中の父や母、そして子ども達へ向け本や音楽を選んでくださいました。
「本と私」はその選んだ気持ちをまとめた小冊子になっています。
森の受付・図書館の棚にありますので是非お手に取ってみてください。

・森の図書館をのぞいてみませんか?
今回のテーマ「旅」を題材にした本や
子育て世代にお勧めの本を森の図書館でご覧いただけます。
皆さんが本を読んでいる間、お子さんはスタッフが読み聞かせすることもできます。

・気軽におしゃべりしませんか?!
おはなしや短歌を味わったあとちょっと一息つきながらおしゃべりしませんか?
おはなしの森をきっかけに また新しい人の輪がつながったら嬉しいです
旅の話などできたらいいね。

・お昼ご飯はなかだ鍋
おわん、おはし、おにぎり、鍋の具材を持ってきて下さいね!

・前回のおはなしの森の様子
前篇はこちら
後編はこちら

秋の木漏れ日の様な
そんな、温かくて優しい気持ち


慌ただしい日々の子育ての中
少しでもそんな気持ちになってもらえたら・・・
おはなしの森スタッフはそう願っております。
主催 NPO法人 子どもへのまなざし
協力 日野市立日野図書館



2011年10月5日水曜日

本と私 2011年夏号 日野図書館編

はじめに

子どもと自然の中でゆったり過ごすのはとても気持ちいい!
森の中でおはなしと音の世界があったら、もっとステキなのに・・・
というつぶやきから始まった「おはなしの森」。
日野図書館の協力を得て、森の図書館も行うことができました。
 
子どもと「私」だけ毎日過ごしていると、悩んだり、煮詰まったり、時には孤独を感じてしまうことだってあります。

とにかく忙しい日々の中、ふと「私」を癒してくれる本や、これからの道しるべとなるような本を手に取りたくなります。
でも、子どもと一緒に図書館や本屋さんに行っても他人に迷惑をかけているような気がして、結局へとへとになって家路へ着くことになりがちです。

そんな子育て中の父たち母たちに向けて企画した「本と私」。
今回は、日野図書館の職員の方々それぞれのとっておきの本との出会いや想いを、語っていただきました。
多くの方の心に届くことを願っています。


おはなしの森 スタッフ一同

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



 
『まず歩きだそう』

米沢富美子/著
岩波ジュニア新書


感動!感動!しました。

三人の子育てをしながら、女性物理学者

として世界を駆け抜ける。

夢を捨てることなく、その実現のために努力し、変えていく姿勢は見事です。

夫がイギリスへ単身赴任したならば、自分も子連れでイギリスへ留学先をみつけ、後を追って行くという、行動力。条件や環境は変えることができることを知りました。

自分の能力に限界を引かないという著者の姿勢にあらためて感動!

子育て中のおかあさんへ、おすすめする一冊です。

日野図書館長 渡辺生子




 
『クシュラの奇跡 140冊の絵本との日々』



ドロシー・バトラー/著
百々佑利子/訳

のら書店 1984年刊行

姪に自閉症の女の子がいます。
この子に妹ができて2、3年たったころから、6月と12月に本のプレゼントを始めました。
離れたところに暮らす子どもたちに何かできないかと考えていたとき、就職して間もないころ読んだ『クシュラの奇跡 140冊の絵本との日々』(ドロシー・バトラー/著 百々佑利子/訳 のら書店 1984年刊行)という本を思い出したのです。
重度の障害を負って生まれた少女クシュラが、絵本との出合いから大きな成長を遂げていくというとても感動的な本でした。
もしかしたらクシュラの奇跡が姪の子にも訪れるのではとの密かな願いがありました。
しかし現実はそう簡単ではありませんでした。
中学生になった姪の子は未だに言葉を発することもできないようです。
障害の度合いも異なるし、読書環境も違うのだからそれも当然なのかもしれませんが……。
とはいうものの、絵本を手にした姪の子は本当にうれしそうな表情を見せているといいます。
この子なりに本の楽しさを受け入れてくれたのではないでしょうか。
奇跡とはいかないまでも、絵本が人生の友となってくれればと願いつつ、さて今年は何を送ろうかとただ今思案中です。

日野図書館 石嶋日出男




『くぬぎむらのレストラン』



カズコ・G・ストーン/著
福音館書店

図書館に返却された本は1冊づつ

ページを繰って確認作業をします。

その時に、おもしろそー、と出会

った絵本はいろいろありますが、

カズコ・G・ストーンの『やなぎむらのおはなし』シリーズも、そんな中の1冊。最初は、『くぬぎむらのレストラン』でした。

昆虫たちが、くぬぎシロップをとって近くの村に届けた後は、見晴らしのいいくぬぎの木の上にあるレストランの準備を始めます。
葉っぱの上にホットケーキをつくったり、メニューをかいたり、お花をかざったり、よく見るとイスはキノコです。何たって小さな昆虫たちの世界のこと、そこに描かれているものはすごく細かい!
 ありのセッセかぞくや、ばったのトビハネさんたちは、高~い木の上にあるレストランに、かぶとむしのツノイチさんとくわがたむしのガシガシさんがひっぱる、かごのエレベーターに乗って上に行くのです。
思わず、子どもの頃のゴッコ遊びのような世界にわたしも突入。
どのシリーズも、のどかであったかく、ちょっと冒険もあって、ひやっとしたあとほっとして、ふと我にかえると、それが小さな小さな世界だったことに驚いてしまう。
あっ、仲田の森って、こんなかもしれないー!と、思い出しているところです。

日野図書館 広田美穂



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


広田さんの絵と絵本『ひのっ子日野宿発見』





今回の『本と私』の表紙には、図書館職員であり、画家でもある広田さんが日野図書館を描いた作品を使わせていただきました。
この作品は、日野図書館と市民の方々の協力でつくられた絵本
『ひのっ子日野宿発見』
に収録されています。


日野図書館


日野宿の中心、問屋場(役所)だったところです。
〈高札〉という、幕府のきまりごとを墨で書いた板が、甲州街道に面して立っていました。

図書館の建物は、昭和30年代に建てられた日野郵便局舎を利用しています。
2階には日野宿や新撰組の資料がたくさんあります。

(『ひのっ子日野宿発見』より)


あとがき

日野図書館の方々は、本に人一倍の愛情と知識をお持ちで、日々私たちに本の世界を伝えてくださいます。

 今回の企画を通して、それぞれの魅力的であたたかい人柄を知ることができました。

 初めて企画の説明にうかがった時、地域の方々に対する想いを熱く語って下さった生子館長。
顔写真をいれてはどうかというこちらの提案に「裏方に徹していますから」と恥ずかしそうに答えてくださった石嶋さん。
自らの作品(すてきな水彩画)を快く提供してくださった広田さん。

 推薦してくれた本には子育て中の私たちへのメッセージがたくさんたくさん詰まっていました。

本と私 編集部





2011年10月1日土曜日

9月10日(土) 土曜の森

夏休みを過ぎ、2学期初最初の土曜の森。
2学期という時間感覚を失って久しいですが・・・。
土曜だけに、アッキーです。
この夏は暑かったり、涼しかったり、どっちなんだ!
という日々でした。
そして、今日は暑かった!

暑かったから、というわけではないですが、
まずはこんな話題から。
これ、良く見る光景。
子どもたちはすぐ脱ぎます。くつだけじゃないけど・・・。
はだしって、子どもの特権?
いやいや、誰でもすぐできる。
少なくとも服を脱ぐよりは。
ということで、私も。
うーん、かなり気持ちいい!
全身でどこが過保護かって、足でしょ、足!
体の中で一番ゴツゴツ感たっぷりなくせに、
護られ過ぎてるぞ!
いや、私も別に、普段は普通に靴はいてるんですけどね。
ふとしたきっかけで裸足を楽しむようになったら、
なかなか、これが!
足の裏から伝わる感覚って、他では味わえない。
地面の表情はいろいろあって、冷たい、暖かい、
すべすべ、ごつごつ、ぎざぎざ(!)
同じ地面でも日が当たっているところと
影で温度がこんなに違うの?とかね。
砂場の裏のブランコ周辺は比較的気持ちいいエリア。
広場にはいつからかチップがまかれてちょっとゴツゴツ?
まあ、もうじき落ち葉が優しく覆ってくれるでしょう。
桑ハウス前や水道付近!きつい!まいった!
これがあるから、裸足になれない、という声が多い。
ごもっともです。でもね、せっかくならこの感覚も楽しまないと
もったいないよ。
こんなに足が過保護にされたのって、
多分ほんの100年ちょっとでしょ。
それまで何千年もご先祖様たちは
この感覚を味わっていたわけで。
レッツ・ベア・フット。
だまされてみること、うけあい。

砂場はいつも大人気
暑いので水も豪快に投入されてました。
こちらは一生懸命お店を切り盛り。
アイスクリーム屋さんなんだって。
「ちょっとまってて、いま、ごよういしますから」
と、ごていねいな接客をしていただき、
たくさんごちそうになりました。ごちそうさま~!

ここでちょっと残念なお知らせ。
隣のホールのオープンと共に、
森は一般開放される公園に生まれ変わります。
それに伴いいくつか手が加わります。
今のところ大きな木を切る予定は無いらしい
ですが、森の大きな特徴の一つである
コンクリートの「基礎」がほぼ全て撤去されます。
そうすると、この砂場はお別れです・・・。
少しだけ残る基礎の中に、砂だけでも移して
もらえると、すごくうれしいです、と
日野市には伝えておきましたが、果たして・・・・。
かわいそうなぐらい放ったらかしで、
「緑が豊か」というよりも「息苦しそう」
なほど密集している部分は、
風通しがよくなるようです。
そして、森の中に小川が通って、池もできるみたい。
水遊びが楽しみだぞ!

お!!!
双子ちゃん、ようこそ!

さてさて、本日のお昼ご飯!
バジルは母たちが畑で育てたものだそうです。
大なべと大ざるでパスタパン!
「いいね!」
豪快に混ぜ合わせて出来上がり~!
自家製小麦粉で作ったパスタと
手絞りオリーブオイルがレシピに
加わる日も近いでしょうね。

お昼を食べたら眠くなーる、眠くなーる。
いや、うらやましい!
一度やってみたいんだよねえ。
大きなハンモック、増やしますか?

森の必需品の一つ「手ぬぐい」
タオルとの違い?
コンパクトで、
えーっと、うん、コンパクト!
ベルトに引っ掛けておくと、すぐに使えて便利。
用途①手を拭く
用途②子どもの鼻みずを拭く
これが約95%を占めている気がする。
で、このデザインはご存知の方も多いと思いますが、
自主保育「まめのめ」のオリジナル手ぬぐい第一弾!
活動支援(1口1,000円)をしてくださった方に
お礼で差し上げています!

ん?
なにやら、ひそひそやってます。
子どもの表情は「にんまり?」「こわごわ?」
この後二人はあまり人が入らない
森の奥深くに探検へ・・・・・

はい、またまたやってきてくださいました!
首都大学東京の方々。
秋~冬~春にかけて、なにやら面白いことを
企んで・・・いやいや、企画しているらしいです。
真ん中に座っている方は楠原竜也さん
今回のアーティストの方です。
ダンサーの楠原さん。
森を体感したいということで、それなら
一番森を楽しんでいそうな子に聞くのが一番!
と、先ほどのひそひそ話。
数十分後に、ハアハア言いながら、戻ってきて
「いや、(ハアハア)行かないだろ、ここ!(ハアハア)
 っていうところに(ハアハア)
 ガンガン入っていくから(ハアハア)付いていくの
 大変でした!(ハアハア)」
と、すっごくうれしそう(笑)
この森を楽しんでいる子どもたちの遊びと
楠原さんの体を使った表現で一緒に楽しめたら・・・
というアイデアがあるらしいです。

で、楠原さんって、どんな方?
ということで、楠原さんの舞台を見させていただきました!
「旅とあいつとお姫さま」
アンデルセンの原作を
10歳ぐらいの子どもから楽しめる作品という
ふれこみでしたが、いやいや、大人ががっつり
楽しめる作品でした。
これを5人で表現しているの?という
多彩な出演者の身体を大きく使った表現。
この人が、森で子どもたちの遊びに
真剣に向き合ってくれるのかあ。。。
一緒に見に行った母と私の共通の感想
「ああ、子どもたちが、うらやましい・・・・」
むむむむ!今回も楽しそうだぞ!

ブログ書くからいつもより多く写真を撮っていると、
必ず出るわが子の一言。
「私にもとらせて!」
ハイハイ、どうぞ、
デジタル時代になった一つの良さですね。
何枚撮っても大丈夫。
銀塩時代なんて、子どもはカメラ触れなかったでしょ。
で、こんな写真を撮ってきた。

布バッグマニア・・・でしたっけ?
いや、ミニーちゃんだな。

おなじみの受付ですが、着々と
新しい通信や、お知らせや、刊行物が
ぜひ、手にとって見てください。
森の楽しみ方が深まったり、
親しみが深まったり、
ああ、こんな思いがあるのか、と感じられたり。

さすがです!いつものおっちゃんが
ロープ一本ひょろっとかけただけで
するするとこんなに上に・・・・

誰かのってくれないかな~
乗るのも楽しいけど、押すのも楽しい。

今日も出ました!森の入れたてコーヒー!
「孫と一緒に夕日を見ながら飲む一杯のレモネード。
 これこそ人生そのものだ。」
とは誰の言葉だったか・・・・。
うん、わかってきたよ、なんとなく。

その横で・・・・
たいへん!ポップコーンがファイヤーコーンに!

子どもたちは本が大好きです
お父さんと一緒に・・・・
小学生になると思い思いに・・・
贅沢な時間
うん。

ちょっと静かなところに行くと、なにやら
ぽとっ
ぽとっ
と・・・
まだ青い銀杏が少しずつ・・・・
秋の足音が確実にやってきていますねえ。