2010年11月6日土曜日

11月5日の仲田の森

今日は、穏やかな天気に恵まれました。
写真から、ひだまりな感じが伝わると良いな。


アイちゃん、火おこしにチャレンジ中です!


おこした火で、おいもを焼くんだよ。

日の光がさんさんと差し込む金曜日の午前中です。

お、今日も、ロープでブランコを作っているようです。

今日は、読売新聞の方が取材に見えていました。


相談員の八木さん。
森で、母の悩みに答えたり、雑談に花を咲かせます。
穏やかで、笑顔がとってもステキな方です。
私も妊娠の報告をしましたが、自分のことのように喜んでくださいました。
親身に話を聞いてくださいます。
森の名物のひとつになりつつあります。
見かけたら「やぎさん!」と声をかけてみてくださいね。


今日は、少し冷えましたが、風もなく穏やかな日でした。
私はダウンコートを着ていきましたが、決して大げさではなかったです。
おかあさん達、足腰冷やさないように、あたたかい格好をおすすめします。


今日は、なべが出来るの早かったな。
時計をみたら、11時45分でした。


大きなおたまですくいます。
湯気があがり、具沢山のおなべがおいしそう!


残骸・・・。
今日のおいもは美味しかったぞ!


今日は、たまねぎを焼いてみました。

素材そのまんまでした(笑)
最近はこんな感じで、いろいろ焼くのにはまっています。

さつまいもも、そのままでももちろん美味しいんだけど、ひと工夫するともっと楽しいですよ!
たとえば、先日りんごとおいもをスライスして交互に重ねてホイル焼きにしたら、大好評でした。
りんごを焼いて、シナモンシュガーをかけても絶品だそうです。
焼くのは個人の自由です!
かまどが出来ていなかったら、冒頭のアイちゃんのように、自分で火をおこして焼いてOKなんですよ!
自分でお湯をわかして(やかんは言えば貸してくれます) 、コーヒーや紅茶を飲んでホッと一息、なんてのもオツなもんです。
やってみたい!と思う方は、かまどの周りにいるおかあさん達誰でも良いので、声を掛けてみてくださいね。


おにぎりは各自持参です。
栄養価の高い玄米のおにぎり。
こんなところにも母の愛が感じられます。


こどもたちが集まっています。
なんだなんだ?
母も興味深げにのぞきこんでいます。


かまどにあつまるこどもたち。
真ん中のフタがついたツボのようなものは、何と焼き芋器です。


「一緒においも食べようよ」
2歳2ヶ月の息子、3歳のおにいちゃんたちに誘われて嬉しそう。


こんな高い脚立にものぼっちゃうんだぞ!


ねぇねぇ、ママ、そろそろ帰りたいんだけど・・・。
・・・って、今から川かいっ!
スニーカーでじゃぶじゃぶ。

◆◆◆

今日は特に空気がキレイな感じがしました。
敷物をしいて、ゴロンと横になりました。
森は高い木々に覆われているので、見上げると、一面葉っぱで覆われていて、葉っぱの間から木漏れ日がやさしく差し込みます。


ゆっくり、大きく深呼吸してみます。

日々の疲れが、体からすぅっと抜けていきます。

森の新鮮な空気で全身が包まれます。


目を閉じると、葉っぱがこすれ合うざわざわという音と、遠くにこどもたちの笑い声が小さく響きます。
ここは、こどもたちが主役の遊び場。
そして、母親のための場所でもあります。


出かける準備と後片付けや洗濯が大変だからおっくうになることもあるけど(笑)、逆に、疲れたら絶対森へ行かなきゃ、という気になります。

森でこどもを思いっきり遊ばせながら母は森林浴してエネルギーチャージ。

家で、こどもと二人っきりでゴハン食べるの淋しいな、と思ったら。
是非一度、森へ足を運んでみてくださいね。
皆で出来立てのゴハンを食べる楽しさを親も子も満喫しましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。