2010年9月2日木曜日

7月30日(金) なかだの森

こんにちは、Sunnyです。

猛暑日も記録されるこの時期、なかだの森は蝉たちの大合唱ですごいのなんの!
耳をつんざくとはこのことです。

あちこちの木にこの蝉の抜け殻があります。
子どもたちは蝉取りに夢中。
これは脱皮したばかりの蝉。
お目にかかれるなんて本当にラッキー!
でも数十分も経てば、黒くなっていってしまうんですって。

蝉とり隊が結成されていましたよ。

こんなに大きなかたつむりも
おやおや。
つんつん。

そしてこれは、なかだの森にある桑ハウス裏に自生していたみょうが!
「ほれ、コレ。」と、おじさんがひょっこり採ってきてくれました。

みょうがって土に生えているんだ~。
知らなかった~。
それまでみょうがって、何かの木の芽だと思っていた私。
いやぁお恥ずかしい。
勉強になりました。

さて、そろそろおなかがすいた頃。
今日のなかだ鍋は何だろなっ♪
と、覗きに来たら、K君がじーっとお鍋の番をしていました。
ぐつぐつあぶくがたってきた!

「おなべがぁ、わーきーまーしーた、よぉ~!!」

K君、お口に手を添えて大きな声で教えてくれました。

「はぁ~い!!」

母たちも思わず元気に答えちゃうのでした。


実はこのなかだ鍋、出来上がった時の合図は、
母たちがいつも大声で(時には口に手を添えて)
「お鍋ができたよー!!」と皆さんにお伝えしています。

もしかしてK君、それを真似して教えてくれたのかも。

子どもっておとなのことをホントによく見ています。

すごく微笑ましい。
でも「子どもの遊び」の中でしっかりと学んでいるたくましさ。
思いがけず見せてもらったひとコマでした。


今日の一番熱かった場所はココ!

バケツからざっぷーん! がこんなに楽しいなんて!

砂 + 水 = 泥んこ すなわち 無限大!!

気分上がります↑
きゃっきゃ 始終盛り上がっていました。

それではまた9月にお会いしましょう。

                                                                   Sunny



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。