2010年9月22日水曜日

9月17日(金)の森

こんばんは mimi です
我が家の庭では鈴虫が毎晩大合唱
涼しい風が気持ちいい今日この頃ですね♪

夏の間は自然体験広場として毎日出入りのできたなかだの森

数回足を運びましたが、なんと私たち親子だけの日もありました

虫や鳥の声しかしない大自然感たっぷりの二人きりの森は
とても静かでなんだか不思議な空間でした

その日、2歳の娘は
「ブランコ誰もお友達が待ってないからずーっと乗れるね」
なんて言いながら最初のうちは喜んでいたけど
思う存分揺られた後は
「お友達はみんなどこにいっちゃったんだろうね…早く帰ろうよ」
だって

やっぱり寂しいよね
母も寂しいっ!!!!!!

その後お弁当を二人でしんみりいただいて
1時間ほどで帰りましたとさ(笑)

みんなと森で遊べる日が、親子で待ち遠しくて待ち遠しくて…

そんなわけで、今回は「待ちわびたなかだの森」と題しまして
1日わが子に密着レポートしたいと思います


「誰が来てるかな~!」とはしゃぎながら
みんなが待つ森までエンドレスで走り続けました





走る走る!

まだまだ走る!とまらない~
まってー!かぁちゃん息切れしてきたよぅ


き、消えた!!!




と思ったらなぜか両手で顔を隠して立ち止まってる…
なんだなんだ~?
テンション上がりすぎて行動がおかしいぞ~

小さい声で「いないいない… いないいない…」とつぶやく娘




「ばぁーーーーーーーっ!」

ものすごい喜びが伝わってきて、なぜかじーん…とするバカ親(笑)


開始時間の10時から1時間ほど遅れてやってきた私たち
もうお鍋から湯気があがってるよ~
みんながいるってサイコー!!
「おはようございまーす!」をたくさんいいながら
タッパーに入れて持ってきたお鍋の具材(今日は白菜にしました)を大きなザルに空けて
早速大好きなブランコに乗りに行きました

たった一つのブランコ
いつもならもうちょっと乗りたい様子で10数えてから交替するのに
今日はあとからやってきたお友達にすんなりブランコを譲ってあげていました

誰もいない森で一人占めして乗るブランコも楽しいけど
みんなと譲り合って乗る楽しさにも気付いたのかな…


ブランコのあとはお砂場へ
前回初めて遊んでもらったお友達のお父さんが来ていたのを
目ざとく発見!
子供って、遊んでくれる大人をわかってるんだよね


大きな山と川を作ったり、
ダイナミックに泥玉を投げ合ったりして遊んでくれました
さすがお父さん!子供たちは大喜びです

続いて横たわった大木に挑むぞ~

何度も何度もチャレンジして上手に渡れるようになりました
少しだけ高いところからのジャンプも一人でできるように…
できないことが少しでもできるようになることが、子供の一日





背中が重たいのに、何度も何度もタイヤを引っ張ってくれたお母さん
ありがとう


こちら森の紳士とデート中…

たくさんの信頼できる大人に囲まれて、子供は安心して一日を楽しめるんだなぁ
親も心から安心して一日を過ごせるしあわせ



おいしいお鍋とおにぎりでお昼を済ませた後は…

母は打ち合わせに参加します
何の会議かというと…

じゃーん!お待ちかね
「第3回 えほんのとびら」です
詳細はまたこちらのBLOGで近日中にお知らせしますので
お楽しみに~!

滑り台や砂場で思う存分遊んで、
おやつにかまどの置き火にしこんでおいた焼き芋をいただいて
帰りは走ることも、もはや歩くこともできないほど疲れた娘を抱き抱えて
森を後にしました
来週の金曜日は娘にとってどんな一日になるのでしょう
今から待ちわびてまーす


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。