2018年2月8日木曜日

年長~小3対象【あそべ!子どもたち事業】冬をあそぼう!がきんちょ団・報告/あなたは、子どもの姿から何を感じますか?

冬休み!
「子どもの時間」をとことん!
冬をあそぼう!がきんちょ団

------------------------
冬がきに込めた
私たちの想い
------------------------
『子ども時代』のあそびを
もっと豊かに!もっと自由に!

子どもにとって「あそび」は
生きることそのもの。

そして『やってみたい!』と思うこと
すべてが「あそび」です。

挑戦なので失敗はつきもの。

”危なっかしい”
”汚い”
”うるさい”

と大人の都合で
体験を奪ってしまうと、
子どもが自ら育とうとする力を
抑えてしまうことになるのです。

私たちは、活動で出会ってきた
子どもたちに合わせ
企画も柔軟に変化させながら
子どもたちの「やってみたい!」を
保障することの大切さ、おもしろさを
実感しながら活動を積み重ねています。

そんな想いのもと、活動した
「冬をあそぼう!がきんちょ団」を
12/26~28に開催しました。
その様子をレポートします!

------------------------

【1日目】
京王線百草園の駅から
百草神社に向かう道は
忘れ去られたような田舎道で
みちくさがよく似合います。
1日目の写真をもっと!
Facebookアルバムへ


【2日目】
南平から多摩動物公園の
周りをぐるりと歩き七生公園へ。
静かで変化に富んだ
自然豊かなフィールドです。
2日目の写真をもっと!
Facebookアルバムへ


【3日目】
京王線平山城址公園駅から
山道をぐんぐん。
氷の池にはこんなお宝も!
3日目の写真をもっと!
Facebookアルバムへ


そして、
あっという間の3日間は過ぎ…
後日、みなさんから
アンケートをいただきました。

その中の一つをご紹介します。

------------------------

初めて参加させていただき
3日間本当にお世話になりました。

2日目、
基地をつくる為子どもが
素手で竹をおっていたそうです。
私なら…
危ないからやめての一言で
終わらせてしまうような事も、
スタッフの方は、
なぜ素手だと危ないのかを
説明してくれて、
竹を切るためにのこぎりを
貸してくれたそうです。

竹の基地ができたと
うれしそうに話をしていました。

大人の都合でやらせないのではなく
子どものやりたい事を
子ども目線にたち全力で応援
して下さるスタッフの方の対応を
今後の子育てに
生かしたいと思いました。

3日目
お土産に
"山らっきょ"がありました。
その日の夕飯がカレーだったので、
一緒においしく頂きました。
初めて食べたのですが、
とてもおいしく感動しました。

最終日、
リーダーのみほこさんや
大好きなさすけさんとの
お別れを涙を流しながら
惜しんでいる子どもの姿を見て
かけがえのない体験と
出会いができた事を
とても嬉しく思いました。
本当にありがとうございました。

(初参加/小3男子・母)



------------------------

私たちは、
子どもたちがたくさんの大人の
あたたかいまなざしに
出会えることが
大切だと考えています。

見守り、あそびをひろげ、
子どもの「やってみたい!」を応援して
気持ちを受け止めることは
スタッフの大切な役割の一つです。

そんな様子を
参加した子どもたちの
姿から、
お土産から、
感じていただけたことが
私はとても嬉しかったです。


私自身も、
小学2年生の息子が
がきんちょ団に参加しました。

がきんちょ団に参加した3日間。
彼の洋服は汚れていました。
いつもだったら
汚れないような場所が
汚れていました。

日常的にあそべていないのだと
気づいてしまいました。

それと同時に、
がきんちょ団に参加しなくても、
とことんあそべる場が必要なことも。

がきんちょ団は、
もしかしたら、
おとなの気づきのプログラム?
なのかもしれません。

あなたは子どもの姿から
何を感じますか?

森に来た時に、
ぜひ教えてくださいね。

(たなかみゆき)

------------------------
来年度の
あそべ!子どもたち事業は…
------------------------
来年度も、6月初旬から
「あそべ!子どもたち!事業」の
企画を当団体HPにて
お知らせ致します。

また、当団体のメルマガでは
「あそべ!子どもたち事業」をはじめ、
当団体の活動の様子や想い、
スケジュールを月1回、お届けしています
ので、ぜひご登録下さい。


------------------------
子ども時代のあそびを
保障する場づくり
一緒に実現しませんか?
------------------------
「あそべ!子どもたち!事業」は
子ども時代の「あそび」を
保障するための取り組みです。
子どもの体験不足が叫ばれる今、
山や川であそぶことを
特別なものではなく、
日常的な「あそび」の一つとなることを
目指しています。

そのため、この事業に共感してくださる
皆さんのご寄付や会費を使い、
安全に配慮しながらも
参加費用を抑える努力をしています。

活動を通して、
子どもたちの「やってみたい!」を
保障することの大切さを実感し、
これからも活動を続けていきます。
皆さんの応援が活動の力となっています。

****************************************
「なかだの森であそぼう!」って?
****************************************

はじめてさんはコチラを。
詳しくは、今月の予定をみてね。

****************************************


・寄付で応援!

・まなざしを知って応援!
facebookinstagramをフォロー

・お買い物で応援!
・メルマガを読んで応援!
⇒毎月第1木曜日発行
登録はコチラ

****************************************


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。